不安障害 恐怖

Image Replacement

不安障害の恐怖を克服するについて

不安障害や恐怖症で人間関係がギクシャクして思うように人生を送れていない人が、明るい未来を手に入れるための一歩をお手伝いするための方法の紹介です。

不安障害で日常生活にも支障が・・・

k-12.gif

不安障害でもいろいろありますが、その不安の度合いが日常生活に支障をきたすような位になると毎日が憂鬱で外出するのも怖くなるようになってきます。
ほんの小さな未来に対する恐怖(もしかしたら●●●起こるかもとか、●●●のような事故にあうかもしれないとか)がだんだんと大きくなり、まだ起こってもいないことで恐怖でがんじがらめになり、身体的にも呼吸困難に陥ったり、頭痛がしたりtといろいろな症状がでてくることがあります。

心と体は別物ではなく、つねに影響し合ってますので心が病んでくると当然、身体的にも病んでくる傾向があります。
体はすこぶる健康で心だけが病んでいるというようなことはないのです。
その不安も自分では思い当たらない場合もあったりするのですが、実は潜在意識の奥深くに原因が隠されていることもあります。

異常に何かが怖いという意識の奥深くに、自分では認識していないように思えることでも実は小さい頃の怖い体験が隠されていたりすることがあります。

忘れた方が本人のためという潜在意識の働きにより、ずっと思い出すことなどなかったことがふとした事がきっかけでいきなり蘇ってくることもあれば、原因となったことは思い出せなくてもその恐怖だけが心に広がってあなたを苦しめることがあります。

例えば小さい頃に川や海などでおぼれそうになって、その体験自体は本人は忘れてしまっているのですが(あまりに幼少の場合)成長してから水を見ると何故か恐怖を感じて近付けないとか、プールに入るのが怖いといった事が起こります。

表面上の意識では忘れていても、潜在意識はそのときの恐怖を覚えているために本能的に身を守るために水に対して恐怖の反応をあらわしたりします。

心の病ははっきりした原因が分からない場合が多いのですが、いろいろなことが複雑に絡み合っていることも少なくありません。

ただ、どんな恐怖症で悩んでいるにしても、実は原因となるものが心の奥深くに潜んでいることが多いのです

あなたを変えるレポート

自分の生き方に
自信がない・・・


でもこのままで
いいんだろうか・・・


いや、いいはずがない!

自分を変えてもっと人生を楽しみたい!

そんなあなたに読んでほしいレポートです。

今なら無料で手に入れる事ができます。

>>レポートを無料で
手に入れる!<<


副作用なし!!
不眠症で悩む人や
朝スッキリ起きられない人に!

⇒■睡眠障害の改善に!
光目覚ましPER3